ボールミルの作業原理

陶磁器工場で一般的に間歇ボールミルを採用する。ボールミルの胴体には一定数量のセラミックボール、磨かれる材料および適当な水を入れ、規格要求に従って、材料、水と磨かれる材料を比率に応じて、組み合わせる。電気がつなぐと、胴体はは回転し始めて、磨かれるものは遠心力によって、胴体内壁に貼り付けて、胴体とともに、回転上昇する。磨かれるものは、ある高さに達すと、重力のために、投げ出されて、そして、ある速度で落ちる。この内、胴体の材料は研磨体に衝撃され、また磨かれることによって、粉砕される。

ボールミルの回転速度

ボールミルの回転速度は粉砕効率に深く影響する。たとえボールミルは臨界速度またはさらに高い速度で回転すれば、粉砕する役割を果たせない。理論と実践によって、ボールミルの臨界回転速度は: V臨界=32/√D D:ボールミルの直径(m)、作業速度V=V臨界x(0.7-0.9)転/分。大トン数ボールミルは直径が大きいことで、下限界を取る。小トン数ボールミルは上制限を取る。

特別説明

1. 製品の技術データは測定標準に測定される平均値であり、ある範囲で変化する可能性がある。

2. 採用する計算公式は理論的な推定公式である。ボールミルの内張りとグラデーション問題があれば、本社の技術者は、実際状況に応じて、お答えする。